墓の歴史は古く、縄文時代には埋葬した遺体をある期間の後に洗い直して甕に入れて葬った例や、弥生時代には甕棺墓や箱式棺墓などの墓があったことが発見されています。天皇や豪族の墓は、古墳として今でも残っているように立派なものでしたが、庶民の墓は塚状に盛り上げたり、石を積む、木を挿す、といった程度のもの(これらを墓じるしとよびます)で、墓石を建てるようになるのは江戸時代に入ってからです。墓地の場所も、屋敷の敷地内であったり、人里離れた場所であったり、一族や村で共同墓地を作ったりと様々でした。

また、一般庶民にとって墓は近寄り難い存在でもありました。それを想起させる例として、両墓制があります。両墓制とは、西日本でよく見られる事例で、人里はなれた場所に遺体を埋葬する埋め墓と、身近な場所にお参りをするために設ける詣り墓の二種類の墓を持つものです。これは死には穢れがついており、死者を葬る場所には近づきたくないという心理が働いていたと考えられます。ただし、両墓制は土葬の風習の地域に見られたもので、火葬が一般的になった現在では、ほとんど見られなくなりました。

墓石に関しては、平安時代に仏教の伝来に伴い石工の技術も渡来人によってもたらされ、供養塔や墓石としての五輪塔、宝篋印塔、宝塔、多宝塔、層塔などが支配階級の間で出現しました。その後、鎌倉時代~室町時代にかけて、禅宗の到来とともに位牌と戒名が中国から伝わってきました。その影響からか、位牌型の板碑や今日の墓石に近い角柱型のものもつくられるようになったのです。江戸時代になると檀家制度が確立し、人々に先祖に対する供養や葬儀、墓など仏事が生活の中に定着したことにより、庶民まで墓石を建立するようになりました。墓石に家紋を入れるようになったのはその頃からであるそうです。

はじめ墓石は個人や夫婦のためのものでしたが、明治中期以降は家制度の確立により、家単位で建立されることになりました。そのため、正面には以前は故人の戒名(法名)を彫っていたものから、「○○家先祖代々之墓」などのような形に変わっていきました。

その他、正面には宗派の梵字や名号、「倶会一処」などが刻まれます。側面には建之日・建之者・故人の命日・俗名などを刻んだり、文字の所に墨を入れる場合もあります。墨色は、石の色や地域により白・黒・金・銀などがあります。

第二次世界大戦後、霊園の洋型の墓石が登場し、現在ではデザイン墓石など多様化しています。

墓地のプロデュースに関して1級品のディレクターが在籍しております。確かな技術とアフターサービスでお客様のお墓作りをサポート致します。是非一度ご相談ください。お墓を自宅の近くに引っ越したいという方向けの情報ございます。霊園やお墓のことなら美郷石材にお任せください。お墓のデザインにこだわりたいなら新デザインのものをご用意できます。大切なお墓づくりで失敗したくないお客様。確かな技術の墓石なら当社におまかせ。